■自動車関連


このままでは軽自動車の税金が高くなる?自動車の節約術

アメリカの横暴のおかげで、軽自動車の税金が高くなって良いのでしょうか?

世界のエネルギー事情、環境の汚染問題を考慮した場合、日本の軽自動車は、省エネルギーと環境保全に、大いに貢献しています。

アメリカは、地球全体のことは考えもしないで、自国だけが経済的利益を上げれば、地球などはどうなっても良いとでも思っているのでしょうか?おれとも、只の嫌がらせ。

アメリカの車が日本で売れないのは、日本が軽自動車に税金軽減の優遇措置をしているためだから、この優遇措置を撤廃せよ、との圧力をTPP交渉で日本にかけて来ています。そして、日本の安倍政権は、これを受け入れようとしているのが現状です。全面的に軽自動車税が普通乗用車並みになるとは考えられませんが、それでも、これまでよりも2倍程度は高くなることでしょう。

ガソリン代が少なくて済む、自動車の価格が安い、毎年支払う税金が安いなどの理由で、年々軽自動車の売れ行きが増加していることは、環境保全の面からも経済的に言っても大変良い事だと誰でも思っています。


自賠責保険も値上げ!ガソリン価格の上昇と家計の負担は増すばかり

平成25年度から自賠責保険が値上げされます。
実は、平成23年度にも一度値上げされているので、
今回は2回目の値上げということになるのです。

平成23年度の値上げ幅は、全車種平均11、7%(2,480円)
車1台につき22,470円だった保険料が、24,950円にアップしています。

そして平成25年度には、更に15%(3,700円)値上げされます。

つまり、この2年の間で車1台につき約30%(6,000円)が値上げされることになるのです。


この金額をあなたはどう思いますか?


自動車保険の見直して節約生活するには

自動車保険ってどこが良いの?とあなたは悩んだ経験はありませんか?
あまりに数が多すぎて、結局今まで代理店を通じて紹介された自動車保険にそのまま加入していませんか?

地震保険、自賠責保険、電気料金、消費税の値上げなど、
家計の所得は増えないのに、値上げばかりが相次いでいます。

給料は一向に、上昇する気配さえないので、
家計の負担は増えるばかりです。

こうなるとありとあらゆる箇所で節約しなければ、
家計は破綻してしまいかねません。


廃車・自動車関連のリンク集

自動車解体や廃車で損をしない業者選択|買取を依頼する際には、きちんと処理している業者を選ぶことが重要です。事故車見積り・引取り方法も解説

廃車手続きで損をするまえの予備知識。廃車買取・引き取り業者を選ぶ場合には、信頼できる会社を選択することが重要です。事故車買取についても解説

事故車買取り査定を廃車業者に依頼して、高額査定をゲットする見積り方法。

カーチスは中古車買取り専門店に比べて高額査定・買取りも期待できます|カーチスの評判情報サイト。

廃車で損するまえに!事故車や中古車を業者に買取見積りするときは廃車 引取り査定@比較

愛媛県松山市の廃車買取、自動車解体なら石川商店におまかせください。愛媛県内の廃車を買取します。松山市周辺はレッカー代無料サービスで廃車を買い取りにうかがいます。中古部品、中古パーツ販売します。
石川商店 愛媛県松山市廃車買取


1

入力項目が多くて少々、面倒くさいことが難点ですが、。特に事故車の場合には買取業者に足元をみられて、安い値段で買い叩かれやすいので、1、2社に見積しただけでは高額査定を引き出すことは絶対にできません。必ず複数社に一括して査定してもらいましょう。

おすすめランキング1位

最悪、無料複数社一括見積りで、どこも買い取ってもらえず廃車費用がかかる言われた、あなたの場合はココ。事故車、不動車、冠水車、10万km以上のため上記、複数社一括見積でも値段がつかなかった下記の3位の会社とあわせて見積もりすることをお勧めします。どちらか高く査定してもらえた方に売却すると良いでしょう。

おすすめランキング2位

上記、2位の会社と一緒に無料見積りしてもらいましょう。もちろん、売却は高い方へ

おすすめランキング3位