愛車を廃車する時の案外知られていない時期の問題

長年、乗っていた愛車も事故や年式が古くなったから、そろそろ廃車をしようと考えている方はこれを読んでから検討してみてください!!

廃車する時、注意しなければいけない時期があります。

それは車検の年と4月1日以前です。

まず車検の時期ですが・・これは通称名で正式名は(自動車検査登録制度)と言われていれています。当然,
この車検には、必要書類や必要経費が発生するわけです。

主に自動車税納付証明書と自賠責保険を準備しなければいけません。

この際に必要な経費には、自動車損害賠償責任保険の更新と自動車重量税の納付があります。

またこの経費とは別に、4月1日時点の車の所有者に対しては自動車税の支払い義務がでてきます。


要は、4月1日以降に車の廃車や下取りなどで自分の車を手放したところで、
手元に車が無くても、その年の自動車税の支払をしなくてはいけません。

そこでよくある業者とのトラブルで3月中に車の売買をしたり廃車したにも関わらず
委託した業者側が抹消登録の事務手続きを劣ったり、
間に合わなくなった時に4月1日時点で所有者の名義が変更されていないと
その名義人が支払わなくていけなくなるのです。

このようなトラブルが無いように廃車の証明書を受け取ることが大事です。

その抹消登録にも主に3種類があります。

一時抹消・永久抹消・輸出抹消となっています。

一時抹消について期間限定で車を使用しない時に抹消する方法で、
これは再度車を使う時にもとに戻すことが出来るものです。
自動車重量税の還付はありません。

永久抹消について
事故車や年式の車で二度と使用することのない車に対して抹消することをいいます。

永久抹消をした場合に車検の有効期間が残っている場合は、
その期間に掛かっている自動車重量税の還付を受けることが出来ます。

輸出抹消について
中古車などを国外に輸出する場合に行う特殊な登録のことです。

この場合は個人ではほとんどすることはありません。

どの方法にしろ、廃車する時期は車検前かあるいは4月1日以前に廃車する方が確実です。

車検の月が3月なら関係ありませんが、
車検時期と自動車税の時期が違ったら都合のいい方を選択するといいということです。!!

そして、永久抹消などの完全に廃車した場合には、業者に、その書類のコピーをファックスでも、メールでも必ず送ってもらうようにしましょう。


入力項目が多くて少々、面倒くさいことが難点ですが、。特に事故車の場合には買取業者に足元をみられて、安い値段で買い叩かれやすいので、1、2社に見積しただけでは高額査定を引き出すことは絶対にできません。必ず複数社に一括して査定してもらいましょう。

おすすめランキング1位

最悪、無料複数社一括見積りで、どこも買い取ってもらえず廃車費用がかかる言われた、あなたの場合はココ。事故車、不動車、冠水車、10万km以上のため上記、複数社一括見積でも値段がつかなかった下記の3位の会社とあわせて見積もりすることをお勧めします。どちらか高く査定してもらえた方に売却すると良いでしょう。

おすすめランキング2位

上記、2位の会社と一緒に無料見積りしてもらいましょう。もちろん、売却は高い方へ

おすすめランキング3位

関連記事

廃車の際のチェックポイント・リサイクル料金

車検証の「有効期間の満了する日」を確認

廃車の時期と税金の支払い