■廃車トラブル事例集


還付されるはずの数万円の税金が消えた!?

本来、元の所有者である本人に還付されるべき税金について、事故車買取り業者が何も説明もせずに、会社の売上の一部にしてしまうケース。


出張見積りを1社にお願いしたらトラブルになってしまったケース

事故車の買取りの見積をお願いして、起きたトラブルとしては、査定員が自宅に上がりこんで帰らないというケースです。


無料の出張見積りで積載車の費用を請求された

見積査定時におけるトラブルとしてあるのは、「電話での見積金額と、廃車する車を実際にみてからの見積金額の違い」だけではありません。業者とお客さんとの電話やメールのやり取りが不完全なためにおきるトラブルは他にもあります。


見積り査定金額が変ってしまう

クルマを廃車処分する場合には通常、見積査定を事前に幾つかの業者にお願いします。では、見積査定はメールや電話だけで正式な金額が出てくるでしょうか?


廃車手続きの時期の違いにより税金が発生します。

事故車を買取りしてもらい、廃車手続きを業者に代行依頼した場合には、注意すべきポイントがあります。手続きの代行を業者にお願いするべきではないという意味ではありません。自分で廃車手続きをする場合にも注意しなければなりません。また、友人、知人に売ったり、あげたりした場合も同様です。


1

入力項目が多くて少々、面倒くさいことが難点ですが、。特に事故車の場合には買取業者に足元をみられて、安い値段で買い叩かれやすいので、1、2社に見積しただけでは高額査定を引き出すことは絶対にできません。必ず複数社に一括して査定してもらいましょう。

おすすめランキング1位

最悪、無料複数社一括見積りで、どこも買い取ってもらえず廃車費用がかかる言われた、あなたの場合はココ。事故車、不動車、冠水車、10万km以上のため上記、複数社一括見積でも値段がつかなかった下記の3位の会社とあわせて見積もりすることをお勧めします。どちらか高く査定してもらえた方に売却すると良いでしょう。

おすすめランキング2位

上記、2位の会社と一緒に無料見積りしてもらいましょう。もちろん、売却は高い方へ

おすすめランキング3位