■国産メーカー


ホンダ フィット

正常進化を遂げた2代目モデルは2007年10月に登場。ボディサイズはひと回り大きくなり、全方向で進化している。このクラスの基本となるクルマである。まずはフィットに試乗してから、その他のクルマに乗ると、それぞれのベクトルの方向がわかりやすい。また、誰にでも勧められるクルマである。


ホンダ ストリーム

初代ストリームは5ナンバーサイズの小型ミニバンのジャンルを切り拓いた先駆者である。その後、トヨタのウィッシュに食われた感があるが、今回2006年7月に登場した2代目モデルも、全幅を1700mm以下に抑えた5ナンバーサイズ。


スバル インプレッサー

3代目モデルとなるインプレッサは2007年6月に登場。水平対抗4気筒エンジンを搭載するFFとフルタイムAWD車という基本は変わらない。


スバル プレオ

軽自動車の新規格に合わせ1998年10月に登場。これまでの軽自動車という枠組みから進化した、クラスレスなクルマである。軽自動車では珍しく、足回りのしっかりしたクルマであり、他の軽自動車からプレオに乗り換えると、スバルはクルマに対して軽でも真面目なんだと思わせる走りが印象である。


スバル フォレスター

これまでフォレスターはステーションワゴンであるレガシーから発展した全高の低いSUVというモデルだったが、2007年12月にデビューした最新の3代目モデルではパッケージングを一新。ほかの多くのSUVと同様に高めの全高を持つようになり、これまでよりもSUVらしいパッケージになった。


2 3 4 5 6 7 8 次の5件

入力項目が多くて少々、面倒くさいことが難点ですが、。特に事故車の場合には買取業者に足元をみられて、安い値段で買い叩かれやすいので、1、2社に見積しただけでは高額査定を引き出すことは絶対にできません。必ず複数社に一括して査定してもらいましょう。

おすすめランキング1位

最悪、無料複数社一括見積りで、どこも買い取ってもらえず廃車費用がかかる言われた、あなたの場合はココ。事故車、不動車、冠水車、10万km以上のため上記、複数社一括見積でも値段がつかなかった下記の3位の会社とあわせて見積もりすることをお勧めします。どちらか高く査定してもらえた方に売却すると良いでしょう。

おすすめランキング2位

上記、2位の会社と一緒に無料見積りしてもらいましょう。もちろん、売却は高い方へ

おすすめランキング3位